【iPhone】UITableViewの編集モードの使い方

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
皆様、お久しぶりでございます。
暑かった夏も少しづつ涼しくなり、季節の変わり目特有の不安定な気候が続いております。
くれぐれも体調などを崩すことの無いようお気をつけ下さい。

ところで、これから少しずつ秋になっていくわけですが秋のことわざに
「女心と秋の空」というものがあります。
意味は女性が異性に対して抱く愛情は、秋の空のように変わりやすいという意味ですが、
明治時代ぐらいまでは「男心と秋の空」として使っていました。
明治以降の男性は女性に振り回されることが多くなったため今のものが使われ始めたと言われています。

アプリ開発も必ずユーザーを意識しなくてはならないというだけに仕様は変わりやすいもの。
今年の秋は「女心と秋の空」ならぬ「アプリと秋の空」になってしまうかもしれませんが、
振り回されても決して離すことなく開発をしていきたいものです。

以下、UITableViewの編集モードの使い方です。

/*編集モード切り替え用のボタンの作成*/
/*このボタンを作成することによって対応するメソッドが呼び出される様になります*/
- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];
    self.navigationItem.rightBarButtonItem = self.editButtonItem;
}


/*セルの左側のボタンを押し、削除ボタンが押された時の処理*/
- (void)tableView:(UITableView *)tableView commitEditingStyle:(UITableViewCellEditingStyle)editingStyle
        forRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {
    if (editingStyle == UITableViewCellEditingStyleDelete) {
       /*削除の処理*/
    }
}


/*セルの移動が出来るようにするメソッド*/
- (BOOL)tableView:(UITableView *)tableView canMoveRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {
    return YES;//NOで移動を禁止する。
}


/*セルの移動されたときに呼び出されるメソッド*/
- (void)tableView:(UITableView *)tableView moveRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)fromIndexPath toIndexPath:(NSIndexPath *)toIndexPath {
    if(fromIndexPath.section == toIndexPath.section) { // 移動元と移動先は同じセクションです。
        /*セルの移動処理*/
        /*
          補足 fromIndexPath:移動元のセル番号
                 toIndexPath     :移動後の1つ前のセル
        */ 
    }
}

他にも編集プロパティや追加メソッドによって、セルの複数選択や通常モード時と編集モード時のボタンの処理の切り替えなどを行う事もできます。

以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/126

カスタム検索