【iPhone】マップを使ってアプリから指定の住所を表示させる方法

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
今日は全国納豆協同組合連合会が定めた納豆の日だそうです。

納豆といえば水戸が有名ですが、日本で一番納豆を食べているのはなんと福島県。
消費量の上位を東北地方が締めており、全体の消費量の半分以上を東北地方で消費されているようです。

かくいう私も東北地方出身で、納豆は小さい頃からたっぷり食べてきた一人であります。
私もヒットアプリ開発のため、納豆のように粘り強く開発に取り組んでいきますよ。

以下、マップを使ってアプリから指定の住所を表示させる方法です。
//表示する住所
NSString *Basho=@"○○県○○市○○";
NSString *maps=@"http://maps.google.co.jp/maps?";

//住所の文字コードをUTF-8に変換
Basyo=[Basyo stringByAddingPercentEscapesUsingEncoding:NSUTF8StringEncoding];


//変換した文字列を元にマップに表示させるURL用の文字列を作成
maps=[NSString stringWithFormat:@"%@%@",maps,Basho];


//URLを引数にマップを呼び出す。
    NSURL* url = [NSURL URLWithString:urlString];
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url];

注:シミュレータではSafariから(マップが無いため)、実機ではマップを起動します。

以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/124

カスタム検索