【iPhone開発】グローバル変数を使う方法

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
グローバル変数はどこからでもアクセス出来てしまう特殊な変数。
なるべくならグローバル変数を使わないほうが画面関係やクラス関係もシンプルで、
ソースとしても読みやすく、仕様変更にも強い。

しかし、設定などの大部分に関わるものになるとどうしても使った方が良い場合も出てくるので、
一概に使うなとは言えない。

つまり、その時の規模やアプリタイプに合わせて使うか否か判断しましょうということ。
安易に使えば首を絞めることになりかねませんのでご注意を。

以下、グローバル変数の使い方です。
1.グローバル変数専用クラスを用意し、使いたい変数を作成する。
  (プロパティ宣言しておくと直接アクセスできます。)

2.グローバル変数専用クラスのヘッダでグローバル変数専用クラス自身を宣言します。

3.OtherSourceの"プロジェクト名.pch"にグローバル変数専用クラスのヘッダをインポート。
  (これでヘッダに書いた変数へアクセス出来るようになります。)

4."プロジェクト名AppDelegateメソッドの"didFinishLaunchingWithOptionsで
     グローバル変数専用クラスのヘッダで宣言した変数を実装して完了になります。

注意 :実装を忘れるとエラー原因の特定が難しいので忘れず実装する事。
          また、この変数はそのままでは必ずメモリリークを起こすのでメモリ管理は忘れないこと。
          
以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/114

カスタム検索