【iPhone開発】マップを使ってアプリから現在地を表示する方法

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
iPhoneといえばGPS。

と、いうことで今回はアプリ内からマップを呼び出して
現在地周辺地図を表示する方法を紹介していきますよ。

以下、アプリ内からマップを使って現在地を表示する方法です。
//シミュレータではSafariから(マップが無いため)、実機ではマップを起動します


// 現在位置記録用(現在地の緯度と経度を取得する部分は省略するので注意!)
    CLLocationDegrees _longitude;//緯度
    CLLocationDegrees _latitude;//経度


//取得した緯度と経度を文字列に変換
   NSString* urlString = [NSString stringWithFormat:@"&ll=%f,%f", _latitude, _longitude];


//変換した文字列を元にマップに表示させるURL用の文字列を作成
    urlString=[NSString stringWithFormat:
                      @"NSString* ur=@"http://maps.google.co.jp/maps?";%@",urlString];


//URLを引数にマップを呼び出す。
    NSURL* url = [NSURL URLWithString:urlString];
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url];


マップを起動すると呼び出したアプリは呼び出した画面のまま終了するので、
呼び出したアプリには戻れませんのでご注意を。

以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/115

カスタム検索