2010年12月アーカイブ

IISログの自動削除

| トラックバック(1)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

IISを使うシステムの設計時にログの処理が考慮されていなくて、運用に入った後IISのログが原因でサーバーのHDDが容量不足に陥ってしまい慌ててる管理者ってよく見かけませんか?(笑)

そんなIISですが、今回私が担当したシステムにもIISが必要でしたので定期的なログ削除が必要です。
今回は直近90日(約3ヶ月)あればよいという要件だったので、以下のコマンドをタスクで定期的に実行です。

===

forfiles /P "C:\inetpub\logs\LogFiles\W3SVC1" /M *.log /C "cmd /c if @isdir==FALSE del /s @path" /D -90

===

出来ればIIS自体にログのローテーションなりの仕組みを組み込んでほしいな。。。

 


RAIDまとめ

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

自分用RAIDメモ
基本的にRAID5かRAID10しか使わないけど、よく使われるRAIDの特性を表に一まとめ。

RAIDの種類 アクセス速度 冗長性 最低必要
HDD数
容量
書き込み 読み込み
RAID0
(ストライピング)
早い 早い × 2本 HDD数×容量
RAID1
(ミラー)
普通 早い 2本 (HDD数÷2)×容量
RAID5
(パリティ+冗長化)
やや遅い 早い 3本 (HDD数-1)×容量
RAID6
(2重パリティ+冗長化)
遅い 早い 4本 (HDD数-2)×容量
RAID1+0
(ミラー+ストライピング)
早い 早い 4本 (HDD数÷2)×容量

 

アレイコントローラーの設定も設計時に考慮することがあるのでメモ

アレイコントローラー
書き込みモード
速度 信頼性 補足
ライトバック 早い 低い キャッシュメモリーにデータを書き込んだ時点で終了なので早い
ライトスルー 遅い 高い 実際にHDDにデータを書き込んだ時点で終了なので遅い


Windows7 ゴッドモード!

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

すでに有名なので調べれば紹介ページはいくつもヒットしますが呼び名も好きだし自分メモということで(笑)

コントロールパネルの便利版というかなんというか、、、まあ使ってみて下さい。

 

===

1.適当な場所に新規フォルダーを作成します。

2.作成したフォルダーの名前を「GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}」に変更します。

3.それがGodModeです!

===

 

他にもメモすることあったけどなんだったかな、、、

 


長い障害からブログが復旧したので新たな技術メモがやっと残せる^^;
さて、長いタイトルですが仕様変更を知らずはまってしまったので次回のためのメモです。

 

Windows Server 2008 R2上に作成したユーザーアカウントのパスワードをクライアントPC(WinXPとかWin7)から変更する方法です。

Windows Server 2003ではクライアントPCのCtrl+Alt+Delからパスワードの変更で、サーバー名\ユーザー名で普通に出来たのですがWin2008からは仕様変更のためデフォルト設定ではできません。
以下の設定変更でWin2008でも同様の手順でクライアントPCからパスワード変更を出来るようにします。

===

1.Windows Server 2008に管理者としてログオンします。

 

2.コマンドプロンプトからsecpol.mscを実行するか、管理ツールからローカルセキュリティポリシーを実行します。

 

3.ローカルポリシー - セキュリティオプション の
  "ネットワークアクセス:リモートからアクセスできる名前付きパイプ"
  に"SAMR"を追加します。

 

4.コマンドプロンプトで gpupdate /force を実行します。

===

当然セキュリティレベルは下がりますので変更の際は自己責任&許可を取ってやりましょう。


カスタム検索