MOVABLE TYPE Ver4.2.2jp から WordPress 3.0へのデータ移行検証 その2~データ移行~

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
MOVABLE TYPE Ver4.2.2jp から WordPress 3.0へのデータ移行その2です。
今回はBlogのベースになる部分のデータ移行をメインとしています。

まず、今回のタスクを整理します。
 1、MOVABLE TYPE上のBlogデータのexport
 2、(1.)で実施のexportデータを検証環境で構築したVM上のWordPressへimport
 3、WordPressの状態確認(Blogのベース部分やリンクの状態確認)

では、早速作業に入ります。
1.MOVABLE TYPEデータのexport
始めに現在運用されているMOVABLE TYPEの状態を確認します。
タブ選択から【設定】→【公開】を指定します。
wp_install03.jpg

サイトURL、サイトパスが移行の際に重要になるのでこちらを確認します。

次に念のためBlogデータのバックアップを取得します。
タブ選択から【ツール】→【バックアップ】を指定します。
wp_install04.jpg
zip圧縮で分割せずにバックアップを実施します。
wp_install05.jpg
PC上にバックアップデータ(zip形式)が保存されます。

次に本題のexportを実施します。
タブ選択から【ツール】→【エクスポート】を指定します。
wp_install06.jpg

PC上にexportデータ(txt形式)が保存されます。
これでexport作業は完了です。


2.WordPressからMOVABLE TYPEのexportデータのimport
http://192.168.117.130/wordpress へアクセスし、
WordPressの管理画面からadmin権限でログインします。
wp_install07.jpg
メイン画面であるダッシュボードから【ツール】→【インポート】を選択します。
wp_install08.jpg
【Movable TypeとTypepad】を選択し、インポートツールをインストールします。
wp_install09.jpg
【今すぐインストール】を選択し、インストールを開始します。
wp_install10.jpg
【プラグインを有効化してインポートツールを実行】を選択し、インポートツールを起動します。
wp_install11.jpg
【ファイルを選択】をクリックし、MOVABLE TYPEからexportしたtxtファイルを選択して
【ファイルをアップロードしてインポート】をクリック。importを実施します。
wp_install12.jpg
MOVABLE TYPEのユーザ情報をimportしようとするので、
そのまま引き継ぐようにデフォルト状態で【submit】をクリックします。
wp_install13.jpgall doneで問題なくimportが完了しました。


3.WordPressの確認
さっそくWordPressの状態を確認する為、
http://192.168.117.130/wordpress へアクセスしてみます。
wp_install14.jpg
Blogのベース部分はうまくimport出来ています。

ですが、内部リンク(画像や他記事)が元BlogのURLを参照しています。
画像左下のリンクを確認すると、
wp_install15.jpg
wp_install16.jpg
これでは現在運用しているBlogサイトを閉鎖してしまうとリンク切れになってしまいます。。


今回は、export→import→確認までの基本的なデータ移行を記事にしてみましたが、とくに技術的な問題もなく作業が出来ると思います。
私も最初はこの段階で作業は終了と思っていたのですが、次回記事にする予定のリンク変換や画像データの移行が出来ないと移行の意味がほとんどありません。

次回最終回は。リンク変換や画像データの移行がメインになります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/100

カスタム検索