MOVABLE TYPE Ver4.2.2jp から WordPress 3.0へのデータ移行検証 その1~検証環境準備~

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回から3回にわたって、社内Blogを掲載している現在稼働中のMOVABLE TYPE Ver4.2jp環境からVPSサーバ(CentOS5) & WordPress3.0jaへのデータ移行の検証を報告します。

移行に当たっての大まかな流れとしては、
1、VMWare上でWordPressの検証環境の構築
2、稼働中のMOVABLE TYPE上のblogデータをexport、画像等のデータ転送
3、検証環境上で稼働させたWordPressで(2、)で実施したexportデータのimport、パーミッション調整
4、パーマリンク等の修正作業
5、確認
としています。


さて、まずは今回使用した検証環境を以下に紹介します。


【使用PC】
IBM Thinkpad x60
CPUCore2 : 1.6GHz
Memory : 2GB
HDD : 200GB
OS : Windows 7 Ultimate

【移行元環境】
XREA : Linux2.6(Free Web Hosting環境)
Apache : 2.2
PHP : 5
MySQL: 5.1.20-beta
MOVABLE TYPE : 4.2.2jp

【移行先環境】
VMWare : 7.0.1
ゲストOS : CentOS5.5(サーバパッケージをインストール)
仮想CPU : 2CPU
仮想メモリ容量 : 1024MB
仮想HDD容量 : 32GB
IPアドレス : 192.168.117.130(仮 社内イントラネットIPアドレス)
ホスト名 : localhost


※ VM環境作成やLinuxインストールの手順は他記事で詳細が出ているのでそちらを参照ください。

【移行先MW環境】
httpd.i386 : 2.2.3-43.el5.centos
httpd-manual.i386 : 2.2.3-43.el5.centos
ant-apache-bcel.i386 : 1.6.5-2jpp.2
ant-apache-bsf.i386 : 1.6.5-2jpp.2
ant-apache-log4j.i386 : 1.6.5-2jpp.2
ant-apache-oro.i386 : 1.6.5-2jpp.2
ant-apache-regexp.i386 : 1.6.5-2jpp.2
ant-apache-resolver.i386 : 1.6.5-2jpp.2
php.i386 : 5.1.6-27.el5
php-cli.i386 : 5.1.6-27.el5
php-common.i386 : 5.1.6-27.el5
php-ldap.i386 : 5.1.6-27.el5
php-mysql.i386 : 5.1.6-27.el5
php-pdo.i386 : 5.1.6-27.el5
mysql.i386 : 5.0.77-4.el5_5.3
mysql-server.i386 : 5.0.77-4.el5_5.3

※ 上記MWのインストールは全てyumで実施しています。

Wordpress : 3.0ja


1.Webサーバの準備(apache)
 apacheの環境設定を実施するのでhttpd.confを3項目修正

 # cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf httpd.conf_org
 # vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 まずはDocumentRootを変更します。
  変更前: DocumentRoot "/var/www/html"
  変更後: DocumentRoot "/var/www"

 次にCGI関連の設定を変更します。
  変更前:
  Options Indexes FollowSymLinks

  変更後:
  #Options Indexes FollowSymLinks
  Options Includes ExecCGI FollowSymLinks

 最後にアクセス関連の設定を変更します。
  変更前:
  AllowOverride None
  変更後:
  #AllowOverride None
  AllowOverride All

 変更が終了したらapacheを再起動します。
  # /etc/rc.d/init.d/httpd reload


2.DBの準備(mysql)
 mysqlのDB作成やユーザ作成はターミナルから手作業で実施。
 環境によってはphpmyadminで作成しても良いと思います。
 今回の検証では、

 DB名: TESTvolv
 ユーザ名: TESTuser
 パスワード: TESTuser

 として作成しました。

 始めにmysqlの起動、自動起動設定を行います。

  # ps -ef | grep mysql     ←mysqlが起動していない事を確認します。

  # /etc/rc.d/init.d/mysqld start

  MySQL を起動中:                                            [  OK  ]

  # chkconfig mysqld on

  # chkconfig --list mysqld

  mysqld          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

 mysqlにログインし、DB領域を作成します。
  # mysql -u root -p
  Enter password:     ←パスワードを入力(mysqlインストール直後はnonpassです)
  mysql> CREATE DATABASE TESTvolv;
  mysql> SHOW DATABASES;
  +--------------------+
  | Database |
  +--------------------+
  | information_schema |
  | TESTvolv |        ←TESTvolvのDBが作成されている。
  | mysql |
  | test |
  +--------------------+

 次にユーザを作成します。
  mysql> 
GRANT ALL ON TESTvolv.* TO TESTuser@localhost IDENTIFIED BY 'TESTuser';

  mysql> SELECT user FROM mysql.user;
  +----------+
  | user |
  +----------+
  | root |
  | |
  | TESTuser |        ←TESTuserが作成されている。
  | root |
  | |
  | root |
  +----------+
  mysql> SHOW GRANTS FOR TESTuser@localhost;
  +----------------------------------------------------------------------------------------+
  | Grants for TESTuser@localhost |
  +----------------------------------------------------------------------------------------+
  | GRANT USAGE ON *.* TO 'TESTuser'@'localhost' IDENTIFIED BY PASSWORD    '3e7947093688c8f0' |
  | GRANT ALL PRIVILEGES ON `TESTvolv`.* TO 'TESTuser'@'localhost' |
  +----------------------------------------------------------------------------------------+
  ↑TESTuserにTESTvolvへの権限が付与されている。


3.WordPressのインストール

 WordPress日本語サイトよりモジュールをダウンロードします。

 FTPもしくはSCPでサーバ上へモジュールをアップロードします。

  アップロード先ディレクトリは apacheのDocumentRootで指定した /var/www です。

 アップロードしたファイルの展開、アクセス権の設定を行います。

  # cd /var/www

  # unzip wordpress-3.0-ja.zip    (今回はzipモジュールをダウンロードしています)

  # ll

  drwxr-xr-x 5 root    root        4096  6月 22 23:49 wordpress

  # chown -R apache:apache wordpress

  # ll

  drwxr-xr-x 5 apache  apache      4096  6月 22 23:49 wordpress

 WordPressの環境設定ファイルの編集を行います。

  サンプルファイルをconfigファイルとしてコピーします。

  # cp -p /var/www/wordpress/wp-config-sample.php /var/www/wordpress/wp-config.php

 DB接続の設定3箇所を変更します。

  # vi /var/www/wordpress/wp-config.php

 まずはデータベース名を変更します。

  変更前:

  define('DB_NAME', 'database_name_here');

  変更後:

  define('DB_NAME', 'TESTvolv');

 次にデータベース接続パスワードを変更します。

  変更前: 

  define('DB_USER', 'username_here');

  変更後:

  define('DB_USER', 'TESTuser');

 最後にデータベース接続パスワードを変更します。

  変更前:

  define('DB_PASSWORD', 'password_here');

  変更後:

  define('DB_PASSWORD', 'TESTuser');

 変更が終了したらブラウザでインストーラにアクセスします。

wp_install001.jpg
 必要項目を入力して「WordPressをインストール」をクリックし、インストールは終了です。

wp_install002.jpg
インストールまでの感想を少し。
WordPress自体のインストールはLinuxやUnixを少し触れた機会があるくらいのレベルで問題無いと思うのですが、Apacheの設定やDB設定までWordPress環境を一通り作るとなると、ある程度の知識が必要になってくると思います。
個人利用でBlogサイトを構築する事はあまりないと思うのですが、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次回はデータ移行部分がメインになります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/99

カスタム検索