JP1/AJS2 検証奮闘記 その1~ インストール ~

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

最近、仕事でJP1に初めて触れました。

Windows版でJP1/AJS2をインストールしたんですが、

何せ初めてなもので、わからない事だらけ・・・(汗)

 

インストールや設定について調べようと、

サイトで検索をしてたら、なかなかWindows版の良い記事が無いと思いました。

代わりにUNIX版についての記述サイトはたくさんあって、なんとかUNIX版を見ながら

構築しましたが、殆どWindowsしか触ったことが無いので、かなり理解に苦労しました。

 

ですので自分と同じ様に苦しんでいる人もいるかもしれない

という事で、メモを残していこうと思います。

 

早速、まずはインストールから↓

 

◆準備すること

1. Windows Server 2003 Standard Edition×2

   今回はマネージャ用とエージェント用の2台を用意

   (2台のサーバ間で名前解決までが出来ていること)

 

2. JP1 Version 9のインストールメディア

以下のHITACHIのサイトから入手を↓

http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/trial/index.html

 

 

今回は以下の内容の手順を載せていきます。

 

マネージャ(ジョブ管理)用サーバにインストールするもの

JP1/BaseJP1のベースであり、ManagerAgentをインストールするには、まずJP1/Baseが先にインストールされていなければならない)

JP1/AJS2-Manager(ジョブ管理用)

JP1/AJS2-ViewJP1/AJS2-Managerの管理用、別サーバにインストールしてもOK

 

エージェント(ジョブ実行)用サーバにインストールするもの

JP1/BaseJP1のベース)

JP1/AJS2-Agent(ジョブ実行用)

 

 

◆手順

(1). マネージャ用のサーバでJP1のインストールメディアを起動

 

 

(2). 日立総合インストーラが起動したら、「JP1/Base」を選択して「インストール実行」をクリック

   (インストール確認文が表示されたら「OK」をクリック)

JP1Install01.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

(3). JP1/Baseセットアップへようこそ画面が表示されたら、「次へ」をクリック

JP1Install02.JPGのサムネール画像

 

 

(4). ユーザ情報画面では、任意でユーザ情報を入力して「次へ」をクリックJP1Install03.JPGのサムネール画像

 

 

(5). インストール先の選択画面では、デフォルト(任意)のまま「次へ」をクリック

JP1Install04.JPGのサムネール画像

 

 

(6). 自動セットアップの選択画面では、「セットアップ処理を行う」にチェックを入れて「次へ」

   をクリック

※セットアップ処理を行うと以下のユーザ情報を自動で設定してくれます。

・認証サーバ:自ホスト

JP1ユーザー:jp1admin

JP1ユーザーのパスワード:jp1admin

JP1ユーザーをマッピングするOSユーザーとパスワード:インストール時に入力したもの

・サーバホスト名:*

JP1Install05.JPG

 

 

(7). OSユーザ名とパスワードの入力画面では、管理者権限のアカウント情報を入力して

  「次へ」をクリック

JP1Install06.JPG

 

 

(8). プログラムフォルダの選択では、デフォルト(任意で)のまま「次へ」をクリックJP1Install07.JPG

 

 

(9). ファイルコピーの開始画面では、設定内容が表示されます。

ここで「次へ」をクリックするとインストールが開始します。

JP1Install08.JPG

 

 

(10). インストールが完了したら、「完了」をクリック

※クリック後に再起動を促すメッセージが表示されますが、ここでは「いいえ」をクリックJP1Install09.JPG

 

JP1/Baseのインストールはこれで完了です。

 

 

(11). 今度は日立総合インストーラ画面から、

JP1/Automatic Job Management System 2 - Manager」を選択して「インストール実行」

をクリック (インストール確認文が表示されたら「OK」をクリック)

JP1Install10.JPG

 

 

(12). JP1/AJS2-Managerへようこそ画面が表示されたら、ウィザードに従って入力して

   インストールします。※JP1/Baseと殆ど変わりませんので手順は省略します。

JP1Install11.JPG

 

 

(13). JP1/AJS2-Managerのインストールが完了したら、日立総合インストーラ画面から、

   「JP1/Automatic Job Management System 2 - View」を選択して

   「インストール実行」をクリック

JP1Install12.JPG

 

 

(14). JP1/AJS2-Viewへようこそ画面が表示されたら、ウィザードに従って入力して

   インストールします。※こちらもJP1/Baseと殆ど変わりませんので手順は省略します。

JP1Install13.JPG

 

 

(15). JP1/AJS2-Viewのインストールが完了したら、日立総合インストーラを終了させて、

   再起動します。

 

以上でマネージャ用サーバへのインストール作業は完了です。

 

 

エージェント用サーバへのインストールもまずはJP1/Baseをインストールしてから

JP1/AJS2-Agentをインストールします。

JP1/AJS2-Agentのインストールもウィザードを「次へ」をクリックしていくだけですので手順省きます。

 

さてここまで、インストール自体は、特に設定する部分も無く簡単でしたね。

 

しかしここからの設定などがなかなか自分にとっては解り辛く大変でした。

今でもあんまり解っていませんが・・・(汗)

 

ですので知識の整理がつき次第ですが、JP1の設定部分をやっていこうと思います。乞うご期待!!

 

 

 

参考サイト:HITACHIJP1オンラインマニュアル↓

http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/manual/common/jp1.htm


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/94

カスタム検索