vSphere ESX 4.0からSATA対応になったようです

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

昨年から格安サーバとして人気が高いHP社の ML115ですが、

ESX3.5をインストールしようとしてSATAハードディスクの認識やマウントに

失敗して断念した人もなかなか多いんではないでしょうか?

 

一応、対処策として、SLESなどのブートメニューの「Rescue System」で

起動してinitrd内のファイル等を修正する様なやり方や

VMwareのサポートはありませんが認識できるSATAコントローラもあるようですが

動作に関してちゃんとした情報もあまり公開されてない様で、やはり信頼性に欠けますね。

 

ESX 3.5の時は「ESX Server 3.5 および ESX Server 3i システム互換性ガイド」等には

記述も無く、実際に対応していませんでした

  

私自身もML115SCSIを追加したり、SATAESX 3.5をインストールしようとして

失敗してました。(汗)

 

 

しかしvSphere ESX 4.0からは、違います。

新機能や基本性能は勿論、対応ハード等も大幅に増えたことによりインストール可能になりました。

下記ページの「互換性とサードパーティの拡張性」を参照

http://www.vmware.com/jp/support/vsphere4/doc/vsp_40_new_feat_ja.html

 

ESX 3.5時と同環境(SATA)でvSphere ESX 4.0をインストールしたところ、

すんなり成功してしまいました。

 

ML115以外の環境では試せていませんが、特にESX 3.5の時に苦渋を飲んだ経験のある方は

今一度試してみてはいかがでしょうか

 

 

vSphere関連記事

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その1~ vSphere 4のインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その2~ vCenter Serverのインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その3~ vSphere Clientのインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その4~ ESX 3.5→4.0へのアップグレード ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その5~ ESXホスト追加および設定 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その6~ 共有ディスク(iSCSI)接続 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その6.5~ ゲストOS作成... ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その7~ ゲストOS作成 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その8~ VMotion実行 ~

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/86

カスタム検索