vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その11.5~ VMware FT ~

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

前回までで、VMotionP2VStorage VMotionを一通りやれたので

今回からは、vSphereの主な新機能のひとつである

VMware FTをやっていこうかなと思います。

 

 

VMware FTって何?

仮想マシンレベルでの完全無停止フォールトトレランスを、専用のハードウェアを

使用せずにソフトウェアで実現する機能だそうです。

 

稼働中の本番仮想マシンとリアルタイムで同期している待機仮想マシンを

別の物理サーバ上に動かしておいて、本番仮想マシンに障害が発生した時に、

待機仮想マシンにサービスを無停止で引き継ぐことができる。

とありました。正に冗長化ですね。

 

 

条件について、今回調べてみてわかったことは

 

1.FT(ロギング)用とVMotion用のVMkernelネットワーク

2.FT対象の仮想マシンに割り当ててあるCPUの設定が「1」であること

3.FT対象の仮想マシンのディスクがシンプロビジョニングディスクおよびブロックでないこと

4.VMware HAが設定されていること

 

わかったのはこれくらいですが、自分の知識不足なだけでまだまだあると思います。(汗)

 

まずはVMware HAの設定をやったことないので、

VMware HAの条件から調べてみないといけないですね。

 

 

他にも新機能に「Data Recovery」、「vShield Zones」、「vNetwork Distributed Switch」等が

ありますが、そちらについてはまた追々。

 

ですので次回は準備として、FT用ネットワークの設定とVMware HAをやろうと思います。

乞うご期待!!

 

 

これまでのあらすじ

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その1~ vSphere 4のインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その2~ vCenter Serverのインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その3~ vSphere Clientのインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その4~ ESX 3.5→4.0へのアップグレード ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その5~ ESXホスト追加および設定 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その6~ 共有ディスク(iSCSI)接続 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その6.5~ ゲストOS作成... ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その7~ ゲストOS作成 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その8~ VMotion実行 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その9~ P2Vの為の準備 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その10~ P2V実行 ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その11~ Storage VMotion ~

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/90

カスタム検索