vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その5~ ホスト追加および設定 ~

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

前回、VMotionをおこなう為に2台目のESX 4.0を揃えたわけですが

今回は、vCenterでのESXホスト追加とVMotionの為の設定をやろうと思います。

 

ちょっと長いので以下の2部構成でやります。

vCenter ServerESXホストの追加

VMotionの為にネットワークVMkernelを追加

 

 

◆手順

 

まずはESXホストを追加する手順です。

(1). Sphere Clientを起動してvCenter ServerIPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力して

   「ログイン」します。

ホスト追加01.JPGのサムネール画像

 

 

(2). 左側のvCenter Serverの右クリックメニューから「新規データセンター」をクリック

   vCenter Serverの配下にデータセンターが作成されます。

ホスト追加02.JPGのサムネール画像

 

 

(3). データセンターの右クリックメニューから「ホストの追加」をクリック

   ホストの追加ウィザードが起動します。ホスト追加03.JPGのサムネール画像

 

(4). 接続設定画面では、ESX 4.0IPアドレス、ユーザー名、パスワードを入力して

   「次へ」をクリック

 ※セキュリティアラートが表示されますが「はい」をクリックして次に進んでください。ホスト追加04.JPGのサムネール画像

 

 

(5). 指定したESX 4.0の情報が表示されたら「次へ」をクリックホスト追加05.JPGのサムネール画像

 

 

(6). ライセンス画面では、今回は評価モードなので「このホストへ既存ライセンスキーを割り当て」

を選択して「次へ」をクリック

ホスト追加06.JPGのサムネール画像

 

 

(7). 仮想マシンの場所画面では、先ほど作成したデータセンターを選択して「次へ」をクリックホスト追加07.JPG

 

 

(8). 最後に、追加ホストの情報確認をして「終了」をクリックホスト追加08.JPG

 

 

(9). データセンターの配下にESX 4.0が追加されました。ホスト追加09.JPG

 

 

 

以下より追加されたESXホストのVMotionの為の設定

(10). 追加したESX 4.0の「構成」タブ→「ネットワーク」→「ネットワークの追加」をクリックすると

ネットワークの追加ウィザードが起動します。ホスト追加10.JPGのサムネール画像

 

(11). 接続タイプ選択画面では、「VMkernel」を選択して「次へ」をクリックホスト追加11.JPG

 

 

(12). ネットワークアクセス画面では、「vSwitch0の使用」を選択して「次へ」をクリックホスト追加12.JPGのサムネール画像

 

 

(13). 接続設定画面では、「このポートグループをVMotionで使用」にチェックを入れて

   「次へ」をクリッック

ホスト追加13.JPG

 

 

(14). IP設定画面では、VMkernelで使用するIP情報を入力して「次へ」をクリックホスト追加14.JPG

 

 

(15). サマリ画面では、構成結果を確認して「終了」をクリック ホスト追加15.JPGのサムネール画像

 

 

(16). ESX 4.0の「サマリ」タブ→「全般」欄→「有効なVMotion」が「はい」になっていること

   を確認出来たら完了です。

ホスト追加16.JPG

 

 

(17). 2台目のESX 4.0でも同様に手順を繰り返します。

 

 

さて、これで後は共有ディスクさえ接続してしまえばVMotionまではあと少しです。

というわけで次回は、共有ディスクの接続をやります。乞うご期待!!

 

 

これまでのあらすじ

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その1~ vSphere 4のインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その2~ vCenter Serverのインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その3~ vSphere Clientのインストール ~

vSphere ESX 4.0 検証奮闘記 その4~ ESX 3.5→4.0へのアップグレード ~

 

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/81

カスタム検索