ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その1 ‐FreeNASのインストール‐

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回は前回紹介したFreeNASのインストールです。

まずは、FreeNASをインストールする仮想マシンを作成します。
それと下記サイトからFreeNASのインストールイメージをダウンロードしておきます。

FreeNASのインストールイメージのダウンロードはこちらで↓
http://www.freenas.org/index.php?option=com_versions&Itemid=51

 

用意が出来たら、手順は以下

(1). VMware Workstation 6.5で仮想マシンを以下の設定で作成(カスタム)
     ・Choose the Virtual Machine Hardware Compatibility:Workstation6.5
     ・Guest Operating System Installation:I will install the operationg system later
     ・Select a Guest Operating System:Other(FreeBSD)
     ・Name the Virtual Machine:適当に
     ・Processor Configuration:One
     ・Memory for the Virtual Machine:iSCSI Target機能使用時は256MB以上は必要
     ・Network Type:Use bridged networking
     ・Select I/O Adapter Types:LSI Logic(Recommended)
     ・Select a Disk:Create a new vitual disk
     ・Select a Disk Type:SCSI(Recommended)
     ・Specify Disk Capacity:Maximum disk sizeは256MBあれば十分です。
     ・Specify Disk File:適当に
     ・Ready to Create Virtual Machine:
       Power on this virtual machine after creationのチェックを外して、「Finish」

 

(2). 仮想マシンの設定を開き、不要なHardwareの削除
      以下3つをRemoveします。
      ・Floppy
      ・USB Controller
      ・Sound Card

(3). 仮想マシンの設定画面で「Add」をクリックしてHard Diskを以下の設定で追加
      ・Select a Disk:Create a new vitual disk
      ・Select a Disk Type:SCSI(Recommended)
      ・Specify Disk Capacity:ゲストOSの置き場所になるので多めに8GB以上は必要かと
      ・Specify Disk File:適当に

(4). CD/DVDに用意したFreeNASのインストールメディアをセットして「OK」をクリック

      こんな設定になりました↓

 

freenas画01.JPG

 

(5). 続いて作成したNASサーバの仮想マシンを起動

 

(6). 「Console setup」メニュー画面で、キーボードで[9]を入力して[Enter]
      インストーラが起動します。

 

freenas画02.JPG

 

(7). 今回はハードディスクにインストールするので、「3 Install "full" OS on HDD * DATA * SWAP partition」を選択して[Enter]

freenas画03.JPG

 

(8). 「OK」で「Enter」

freenas画04.JPG

 

(9). インストールメディアを選択されるので「VMware Virtual IDE CDROM Drive/」を選択して「Enter」

freenas画05.JPG

 

(10). システム用のボリューム(256MBで作成した仮想ディスク)「da0」を選択して「Enter」
freenas画06.JPG

 

(11). 今回スワップパーティションは使用しないので[No]を選択して[Enter]
        同時にインストールが開始されます。

freenas画07.JPG

 

(12).インストールが終わったら、「Exit」を選択して「Enter」

freenas画08.JPG

 

(13). 「Console setup」画面に戻ったら、[7]を入力して[Enter]後、Rebootします。

freenas画09.JPG

 

(14).再起動後、[ 9) Install/Upgrade to hard driver/flash device. etc]のメニューが表示されない事を確認します。  

freenas画10.JPG

 以上でインストールは終了です。
ここまで10分掛からずでした。

 

FreeNASの設定に関しては、下記FreeNASのサイトにわかりやすく載ってます。

FreeNAS設定とユーザーガイド

4.3.ディスク

5.5.iSCSI

の章を参照して設定してやってみたので割愛いたします。

 

次回は共有ディスクの接続編をやりますのでヨロシクです。

 

参考リンク
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その1 -リニューアル-

 

 



 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/71

カスタム検索