クローニングは Hot or Cool?

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

VMwareには「クローニング」と呼ばれる方法で
コンピュータ環境を新しいコンピュータの仮想環境へ移行できることを
前回説明しました。

これは、移行対象となるコンピュータを一度シャットダウンさせてから
移行させる「コールドクローニング」と稼働中でも移行が可能な
「ホットクローニング」に分かれます。


移行対象となるコンピュータ自体の電源を落とさずに
インポートが行える「ホットクローニング」は
無停止でサービスの継続を要求されるサーバの移行作業に適しているでしょう。
ただし、移行作業中はユーザからのアクセスを止めることを検討することが無難です。


反対にコンピュータのOS自体を起動させずにインポートを行える
「コールドクローニング」をお勧めします。


次回は「コールドクローニング」から追って説明していきます。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/59

カスタム検索