FTP サーバとログインシェルの関係

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
長いことLinux サーバ構築をやっていますが、まだまだ知らないことがたくさんありますね。

今回は、あるユーザは FTP ログインに失敗するけど、別のユーザは成功する。
しかも失敗するユーザも以前はログインできていた、という現象を解決したお話です。

【環境】
 OS:Red Hat Enterprise Linux 5.1 Server Advanced Platform
 FTP サーバ:vsftpd 2.0.5-10.el5 (chroot 有効)

【状況】
 ・後から tcsh をソースでインストールしているらしい。
 ・FTP ログイン失敗ユーザのログインシェルを /usr/local/bin/tcsh に変更している。

【解決方法】
 /etc/shells に /usr/local/bin/tcsh を追記した。

# cat /etc/shells
/bin/sh
/bin/bash
/sbin/nologin
/bin/tcsh
/bin/csh
/bin/ksh
/usr/local/bin/tcsh ← 追加

自分が知らなかっただけなのですが、↓を見ると結構前から知られていることなんですね。
vsftpdでローカルユーザがログインできない - Linux Square

最初は chroot を使っていることが原因かと思っていましたが。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/46

カスタム検索