Windows Server 2003でのNTPサーバー設定

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドメインコントローラの役割を持っていないWindows Server 2003をNTPサーバーとして設定(構築)する方法をメモします。

 

===

1.レジストリエディタを起動

  ファイル名を指定して実行→regedit

2.以下のレジストリ箇所に移動し、

  HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders

  NtpServer の Enabled の値を 1 に設定

 

3.以下のレジストリ箇所に移動し、

  HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config

  AnnounceFlags を 5 に設定

 

  #AnnounceFlagsに意味については@ITの以下の記事内に詳しい説明があります。

  #Windowsネットワーク時刻同期の基礎とノウハウ

 

4.設定の反映のためにコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行しタイムサービスを再起動

  net stop w32time && net start w32time

 

以上でWindows Server 2003 でのNTPサーバーの設定(構築)は終了です。

===

 

ちなみにですが、Windows2000の時刻同期のプロトコルはSNTPのためNTPと比べて信頼性に欠けます。

WindowsXP、Vista、Windows Server 2003、2008の時刻同期プロトコルはNTPです。

 

SNTPとNTPの違いを簡単に書くと、SNTPは単純に参照先の時刻サーバーと同期を行うのみですが、NTPは同期に行ったNTPサーバーが信頼できないときは更に上位の参照可能なNTPサーバーを利用します。

また、NTPクライアントの動作として、同期に行ったNTPサーバーが信頼できる情報を保持していない場合は同期を行いません。

    


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/37

カスタム検索