ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その8 ‐仮想マシンの作成‐

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

それではESX Serverの共有ディスク上に仮想マシンを作成します。

 

===

1.ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その5 ‐VirtualCenterのインストール‐

  手順を参考にVIClientを起動し、VirtualCenterにログイン

 

2.左ペインのツリーで1台目のESX Serverを選択した後、

  右ペインの「はじめに」タブ内の「新規仮想マシンの作成」をクリック

  NewM1.jpg

 

3.「標準」を選択し「次へ」をクリック

   NewM2.jpg 

4."名前"の欄に適当な名前を入力し(実験ではXPをインストールするのでWinXPと入力)

  "インベントリの場所"は実験ではデータセンターは一個しか作っていないので

  そのまま「次へ」をクリック

  NewM3.jpg 

 

5.「ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その6 ‐共有ディスクの認識‐」で

  認識させた共有ディスクを選択し「次へ」をクリック

   NewM4.jpg 

 

6.インストールするOSを選択し「次へ」をクリック

   NewM5.jpg 

 

7.適度なメモリを割り当て「次へ」をクリック

   NewM6.jpg 

 

8.今回はネットワークをカスタマイズする必要はないのでそのまま「次へ」をクリック

   NewM7.jpg  

 

9.適宜設定を変更し「次へ」をクリック

  NewM8.jpg  

  ※実験はデフォルトで実施

 

10.「作成タスクを送信する前に仮想マシンの設定を編集」にチェックをし「続行」をクリック

   NewM9.jpg  

 

11.自分好みに編集した後「終了」をクリック

  NewM10.jpg

  ※↑ではFDドライブを削除していますが、WinXPまたはWin2003をゲストOSとして

   インストールするにはFDドライブは必要なので消さないで下さい。

 

12.仮想マシンが作成されたことを確認

  NewM11.jpg  

 

作成した仮想マシンへのOSインストールについては次回にさせて下さい。。。

To be continued...

=== 

 

Hyper-VとかXenとかVMwareへのBIG-IPインストールとか書きたいことは盛り沢山なんですが、週末しかちゃんとした時間がとれなくて書きたいことがどんどんたまっていく(>_<)

 

参考リンク
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その7 ‐共有ディスクの認識‐
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その6 ‐VirtualCenterの初期設定‐
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その5 ‐VirtualCenterのインストール‐
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その4 ‐共有ディスクの作成‐
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その3 ‐2台目のESX Server‐
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その2 ‐VIClientのインストール‐
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その1


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/33

カスタム検索