2008年12月アーカイブ

MCAメンバーズカードが本日届きました!

さっそくメンバーズサイトにログインしてHyper-V導入アドバイザー検定を受けました。

#動画講習は飛ばしていきなり受けちゃいました(笑)

#また気が向いた時にでも受講します。 


ドメインコントローラの役割を持っていないWindows Server 2003をNTPサーバーとして設定(構築)する方法をメモします。

 

===

1.レジストリエディタを起動

  ファイル名を指定して実行→regedit


とある業務で各PC(Windows)のシステム情報をリモートで取得(収集)する必要があったのでその時使った方法(コマンド)をメモします。

 

===

■基本的な使用方法

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行

 

systeminfo 


いよいよ大詰めですねー

それでは早速VMotion実行のための下準備の手順をメモします。

 

===

VMotionをするには以下に記載する2つの条件を満たす必要があります。


それでは「ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その7 ‐仮想マシンの作成‐」で

ESX Server上に作成した仮想マシンにゲストOSをインストールします。

 

===

■事前準備

1.VIClientを使ってVirtualCenterに接続しているPCのhostsファイルにESX Serverを登録して

  名前解決できるようにしておいてください。

 #本番ではDNSを使って名前解決できるようにするのが一般的です。


それではESX Serverの共有ディスク上に仮想マシンを作成します。

 

===

1.ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その5 ‐VirtualCenterのインストール‐

  手順を参考にVIClientを起動し、VirtualCenterにログイン

 


それでは、ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その4 ‐共有ディスクの作成‐ で作成した共有ディスクを2台のESX Serverで利用できるようにしましょう。

 

===

1.ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その5 ‐VirtualCenterのインストール‐

  手順を参考にVIClientを起動し、VirtualCenterにログイン

 


先ほど受験してきました。結果は"合格"です!

試験を受けての感想としては、Windowsにそれなりに自信がある方であれば、

Hyper-V導入アドバイザー検定 その5 でご紹介した黒本だけで十分です。


【BIG-IP1500】初期設定

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 
対象:BIG-IP Local Traffic Manager(BIG-IP1500)

BIG-IP1500の初期設定についてメモします。


 






対象:BIG-IP Local Traffic Manager(BIG-IP1500)

BIG-IP1500の電源停止方法についてメモします。

※背面電源のスイッチをオフしたり、
直接電源ケーブルを抜いたりすると、
起動不良になる可能性があるので、以下の手順を守ってください。



12月は飲み会が多くなかなか時間もないですよねー。

ちなみに当社も本日とある場所で忘年会を開催いたしました(^-^)

#忘年会ネタはインボルブスタッフブログに近日UPされると思いますのでこちらでは触れませんが。

 

さて前回の予告通りですが、今回は黒本(問題集)の進捗報告となります。

 


対象:BIG-IP Local Traffic Manager(BIG-IP1500)

ヘルスチェック_Recieve Stringの注意点についてメモします。
  ※ヘルスチェックの方法がコンテンツチェックの場合


■ヘルスチェックの設定
  [Main]タブ内[Local Traffic]
        →[Monitors]
        →[Create]ボタン
※既存で作成している場合は、Nameより該当のMonitorをクリックする。
monitor.JPG




前回インストールしたVirtualCenterに接続してESX Serverを登録するところまでメモします。

 

===

1.VIClientを起動しVirtualCenterにログインします。

  vcset1.jpg

  ※↑は別PCのVIClientからVirtualCenterにログイン

  ※VirtualCenter導入PCでログインする場合は"IPアドレス/名前"はlocalhostでもOK

 

ESX Serverの統合管理&VMotionに必須なVMware VirtualCenterのインストールをメモします。

VirtualCenterの詳しい情報はVMware社のWebで確認してください。

ここ → http://www.vmware.com/jp/products/vi/vc/

 

では早速ですが本題に入ります。


前回の予告通りですが、2台のESX Serverが使えるVMware Workstationでの共有ディスク作成方法をメモします。

 

===

1.ESX Server を2台ともシャットダウンします。

  ついでなんで、前回のメモを参考に正式なシャットダウンをやってみましょう。

  ※前回のメモ「ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その3」 


サボってるわけではないのですが勉強の進みが悪いですよね・・・

ちなみにですが、いまのところ私の学習場所は電車の中とお昼時間だけです。

そして今日現在の進捗はというと、、、青本読破!


現場の業務と自社業務が多忙につき勉強が進んでいませんが、

なんとか第9章まで読み終わりました。

「8章TCP/IP」、「9章インターネット」 は慣れ親しんだところなのでサクサクと進めました。

基本的なことですが、ルーティングプロトコルについて以下にまとめをメモ

 


昨日に続きWindowsを使うにあたって知ってるとちょっとだけ便利なことです。

企業によっては、Windowsのコンピュータの管理を一般ユーザーがむやみに開かないように、Windowsのレジストリを変更するなどし、メニューを隠している場合があります。

しかしIS部門などに所属している場合は、コンピュータの管理が必要となる場合がありますよね。


リモートデスクトップ

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

リモートデスクトップってすごく便利なんで活用されている方も多いことかと思います。

そんなリモートデスクトップですが、よく利用する方でも意外に知らないのがオプションです。

なぜ知らないかというと、スタートメニューから呼び出して使うことが大半だからです。

 

そんな便利なリモートデスクトップですが、知っているとさらに便利になり、

知らない人の前でやるとちょっと勝った気分になれる使い方をメモしておきます。

 

===

まずは基本で、「ファイル名を指定して実行」からの使い方です。


カスタム検索