ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その2 ‐VIClientのインストール‐

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 

その1でESX Server 3.5のインストールまで書いたので、その2ではESX Serverを利用するための下準備をメモします。

 

===

1.ブラウザ経由でインストールしたESX Severにアクセスします。

  URLに http://IPアドレス/ を指定してアクセスすると

  https://IPアドレス/ にアクセスしますので、最初からhttpsでアクセスしてもOKだね。

 

2.VIClientのダウンロードとインストール

  「VMware Infrastructure Client のダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

  ダウンロード後はプログラムを実行し、ウィザードに従いインストールをします。

 

 3.VIClientの起動とログイン

   ・VIClientを起動し、IPアドレス/名前、ユーザー名、パスワードを指定しログインします。

    viclogin.jpg

   ・VIClientでログイン後画面

    vic.jpg

以上でVMware Workstation上にインストールしたESX Serverへの仮想マシン作成の下準備は整いましたヽ(^o^)丿

 

To be continued...

===

 

仮想の中の仮想、、、スペックが腐るほどあまっていれば、どこまで仮想の中の仮想を作りだしていけるのか試してみたいな~なんて・・・


参考リンク
ESX Server 3.5 on VMware Workstation 6.5 その1

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.volv.jp/mt-tb.cgi/7

カスタム検索